■前へ ■次へ

日記第23回

グレ「天・空ゥゥゥ〜剣!」 グレ「必殺ッ!Vの字切りぃいい〜〜!」 やはり、いきなりパクりから始まったこのサイトの日記。 これだけマイナーなネタを使っているのによく批判がこないものです。 プルルル、プルルル グレ「ウィスパー通信か。この周波数、大佐だな。」 うぃ〜ん グレ「大佐、なんだ?」 大佐「グレ、いきなりで悪いが任務だ。」 グレ「大佐、俺は今、大剣で修行するという 処分を受けて謹慎中のはずだが?」 大佐「しかし、急を要する、謹慎を解こう。」 グレ「・・・わかった。それで任務の内容は?」 大佐「アップタウンのとある飛空庭に潜入して欲しい。 潜入後の動きは・・・」 グレ「大佐、まて」 大佐「なんだ?」 グレ「『急を要する』のなら、 なぜファーイースト共和国にいる俺に?」 大佐「いゃ、まあそれは・・・」 グレ「執事にベリルを渡してあるはずだ。 彼にやらせてはどうだ? 飛空庭の広さなんてたかが知れている。」 大佐「それはいかん。」 グレ「ほぅ・・・。」 大佐「多少時間がかかってもかまわない。 アクロポリスに向かってくれ、グレ。」 グレ「大佐・・・・・・何を隠している!?」 大佐「私は何も隠してはおらん!」 グレ「大佐ァ!本当のことを言え!」 元ネタでも同じような駆け引きがありました。 大佐「しょうがない、話そう。 私が任務遂行場所を指定するときは下調べを いつも行うだろう?」 グレ「ああ。」 大佐「今回の遂行場所をあらゆるセンサーで 調べたのだが・・・」 グレ「何か問題が?」 大佐「その飛空庭の住居者と思われる人物。 住居者は1人だけ確認できた。 そして、その人物の下半身に台形状の陰影が確認された。」 グレ「・・・スカートか。」 大佐、まわりくどすぎるよ。 大佐「グレ、『執事。』という男はな 分かっていると思うが、よく生理的欲求に流される人間なのだ」 グレ「女性が住んでいる飛空庭。 確かに執事に行かせるのは少々あぶなっかしいな。」 おっさん、どんまい。 大佐「分かってくれたか、ではこれから 具体的な任務の内容を話す・・・」 さて、今回の物語、いきなり緊迫した空気から始まりました。 大佐が依頼した任務とは一体・・・? 大佐「さて・・・あとはグレを待つだけだ。」 A・藍「グレ様との通信は終わりましたか。では・・・」 A・藍「本題に戻りましょう」 大佐「ああ。」 執事。「むっふぉ!何度言っても無駄ですぞ!」 何故か尋問を受けているおっさん。 大佐「執事、貴様・・・何でも屋と 何をたくらんでいる!」 A・藍「白状しなさい!!」 執事。「何でも屋様と私が何をしようと勝手なのでございます。」 執事。「あの時、何でも屋様と大佐が接触した時 何があったのでございますか???」 大佐「執事、あの男は危険だ・・・!」 A・藍「ええ、とんでもないのよ!あの人!! 朝食にカレー食べるのよ!!」 夕飯の残りで朝食にカレーとか、 朝からテンション下がるよね(謎) 執事。「な、なんぢゃと!!!」 大佐「そこじゃない!!!」 A・藍「し、失敬。」 大佐「兎に角、彼はこのアクロポリスを おびやかす可能性がある。執事、貴様はそれに加勢しているのではないか?」 執事。「何をおっしゃる・・・! 大佐殿、貴女には何でも屋殿の考えが理解できぬようだ。」 大佐「理解したくもないな。」 執事。「下らん、行くぞ、パプリカ。」 パプリカ「は、はぁ〜〜い!」 大佐「執事、どこへいく?」 執事。「公園。」 あんた、リストラされたのか。 大佐「藍、見たか?」 A・藍「え、ええ・・・!!」 何か重要なものを見てしまったという様子の2人。 大佐「あの男、数あるマンドラニンジンの中から 最初からパプリカだけに目を付けていた・・・」 そこかよ。 A・藍「彼には分かるのでしょうね……どんなに 同じような姿形をしていても、パプリカが・・・」 大佐「らしいな・・・」 A・藍「そもそもパプリカを拾ってきたのは 彼でございますからね・・・。」 大佐「藍、まて!!」 A・藍「は、はい!?」 大佐「今、ここにいるニンジンは3匹だ。」 A・藍「ぇえと、さっき執事様が連れて行ったのが 一匹だから、えーと、えぇ・・・と」
{問題}

しつじが、ニンジンを1ぴき もっていきました。
いえのなかには、ニンジンが3ひき います。
さて、ニンジンはぜんぶでなんひきでしょう。

答.4ひき
一匹増えてます 数十分後・・・ 潜入用スーツっぽいです。 グレ「只今帰還した、大佐、指示を乞う。」 大佐「・・・・。」 少し様子が変な大佐。 グレ「どうした!?大佐ァ!!」 大佐「事態は予想以上に・・・深刻だ。」 グレ「な、なにがあった!?」 A・藍「大佐、おちついてくださいませ。」 大佐「任務を言い渡すぞ、グレ。 今からしてもらう任務は、アップタウン内北部に存在する飛空庭の 調査だ・・・。」 グレ「それで、具体的な内容は?」 大佐「周知の通り、先日から我々が飼育している マンドラニンジンの増殖あるいは増加現象が確認されている。 着々とニンジンは増加しており現に先ほども・・・」 グレ「いや、大佐。ちゃんと3匹だが」 ”ちゃんと”なのか 大佐「とにかく増えたんだ、これは事実だ、グレ!」 取り乱している大佐。 大丈夫だろうか。 大佐「そこで我々は、増殖したニンジンの匂いを 採取してだな・・・」 A・藍「ぇえ、この子に調べさせたのよ。」 ちなみにこの白狼、庭番が密かに育てていたもので 未転成ですが、かなり強いです。 グレ「なるほど、それで例の飛空庭に たどりついた・・・というわけだな? そして、そこで何が行われているのか…… ニンジンの栽培か、もしくは・・・」 大佐「うむ。それを調べてもらおうという事だ。 早速そこに向かってくれ。 飛空庭の座標はこれだ。」 グレ「ああ、これ以上ニンジンが増えちゃ困るからな。 じゃあ、行ってくる。」 大佐「頼んだ。」 例の飛空庭に向かうグレ。 一体そこで何が行われているのか!? そして何の目的でニンジンが増えているのか!? 注:クローキングしてます グレ「ここが指定された座標・・・これか」 さて、その飛空庭に潜入するグレ! 一体何が待ち受けているのでしょうか? 潜入 グレ「ここが室内か・・・… 2人いるようだが・・・大佐、聞こえるか?」 大佐「ああ、グレ、今クローキング中か?」 グレ「そうだが?」 大佐「飛空庭内ではSPが回復しない、いいか 極力クローキングなしで任務を遂行してくれ。」 グレ「了解、偵察を開始する。」 グレ「ニンジンはどこにいる・・・?」 ウォーリーグレをさがせ さすがはグレ、気配を消し、彼女らの会話を傍受します。 「今日はほうれん草とニンジンのソテー〜〜♪」 この人、ニンジン食べるようです グレ「大佐!どうやらこいつら ニンジンを食用として・・・!!」 まじかよ・・・ 大佐「落ち着け、グレ。想定の範囲内だ。 CIAのデータベースから、彼女ら2人の情報を入手した。」 グレ「さすがだな。」 大佐、この2人の個人情報を入手した模様。 早速グレに報告する。 グレ「この帽子を被った女は?」 大佐「名前は『シャイナ』。ブレードマスターだ。 どうやら凶暴な性格らしい……暴走したら恐ろしいな。 帽子の中にはとんでもない秘密が隠されているらしい 警視庁の情報網を探っても帽子の情報がない。」 大佐、ぶっちゃけどうでもいいよ。 他サイトの人だし グレ「で、ではこのメガネの……」 大佐「彼女は『エネーリア』、ガンナーであり どうやら今回の件の主犯らしい。シャイナとは同居しているわけではないな…… さあ、どんな感じだ?早く報告を……」 グレ「大佐、一つ聞いていいか?」 大佐「ぬ?」 グレ「彼女らのスリーサイズと歳を教えてくれ!! 彼女らと戦闘になってしまった場合、 勝てる見込みは・・・!?」 大佐「グレ、何を言っている・・・・・・ 一般人に危害を加えてはならんぞ。」 グレ「そうか、そうだったな・・・」 大佐「いいか、見つかったら逃げろ。速攻でだ。 ・・・一つアドバイスしておくとな、 シャイナからは恐らく容易に逃げる事が可能だ。」 グレ「彼女は命中率が低い・・・と?」 大佐「テメェの回避が無駄に高いからだよ!! お前の能力なら許容範囲だということだ。 問題はエネーリアだな・・・ 彼女は銃、弓矢などの遠距離武器を 使用する。数発受ける程度なら耐えられるだろうが バラージショットを直に受けたら……」 グレが誇るのは高い”近距離回避” 遠距離からの攻撃には対処が難しいです。 グレ「大佐、見つけたぞ!! マンドラニンジンを複数体!」 大佐「グレ、でかしたぞ!! フィギュアではないだろうな?」 グレ「詳しく見る。クローーーキング!」 グレ「葉と胴体の境界線の滲み… 呼吸音、脈拍、葉緑体、気孔、細胞膜、組織液…… 間違いない、ホンモノのマンドラニンジンだ。」 グレ、そのグラサン顕微鏡か? グレ「間違いねぇだ!赤土でできた ニンジンだべさぁ!」 大佐「アンドロイドなどではないな?」 グレ「おう、正真正銘のだ。それも なかなか身が引き締っていて旨そうだ」 グレ、食うなよ。 大佐「エネーリアという女はどうやって これだけのニンジンを・・・ファーマーではないしな・・・・」 グレ「どうやら、会話の文脈からして ニンジンをほうれん草と一緒にソテーにするらしいぞ。」 大佐「な、なんだって!!?」 グレ「や、やはり阻止するべきか!?」 大佐「ニンジンは漬物であろう。」 大佐ァーーーーー!! 任務中だろー。 グレ「大佐、俺はサラダにするがな。」 大佐「ふ、やはりグレ、分かっているな。 ニンジンは加熱せず、純粋な味を 味わうのが一番なのだ。」 グレ「あの女は間違っているな。」 会話ずれてます。 大佐「庭番がこの前、 おでんにニンジンをいれていたのだが どう思う???」 グレ「そんな事があったのか・・・! 俺は外で軍事食が主流だからな……だがそれは酷い!」 大佐「やはりそう思うか!?」 グレ「ああ、それは酢豚にパイナップルを入れる くらい、謀略かつ、非常識な事だと思うぞ、大佐。」 大佐「こんな事を話していたらニンジンを 無性に食いたくなってきたぞ。 パクリカを任務後に食べるか?グレ」 パクリカをパクリっと(寒 グレ「そりゃーいいな! 帰りにドレッシングを買ってこよう。」 大佐「・・・・・・それよりグレ。」 グレ「・・・ん?」 大佐「忘れていたが、お前 クローキング中だったな?」 グレ「ああ、そうだが??」 大佐「私の計算だと、もうとっくに SPの消費時間は過ぎているのだが。」 エネーリア「さてと、おめかし、おめかし♪」 !? SPが切れたグレ。 エネーリア「これは除霊しないと・・・」 バサバサバサッ! グレ「俺を見破るとは・・・ だがっ!!!」 見破ってない見破ってないw エネーリア「抵抗するの!!?」 バラージショットをグレに構えるエネーリア! ズババババババ グレ「ぬおああ!」 大佐「グレ、何があった!!? グレ、グレェーーーーー!!!」 GAME OVERでしょうか。 大佐「わ、私のミスだ・・・く・・・」 執事。「どーされましたかな???大佐殿 様子がすぐれぬようで・・・」 おっさん、やけに帰るの早いな。 大佐「こんな事になるのならオヤジ、 貴様をいかせればよかったっ・・・!」 大佐、それはいっちゃいけない。 執事。「まさか・・・グレに何かあったので ございますか!?」 大佐「通信が・・・切れたのだ・・・。 彼の叫び声と共に・・・・・・。」 執事。「ぬぁっはっはっはっは!」 なあ、それはボケているのか。 A・藍「あ、あなたっ!グレ様が一大事 というのに何たる言動!!」 執事。「グレは逃げ切りましたぞ、大佐殿。」 大佐「なんだと?」 執事。「彼はああ見えて暗殺者の心得は ちゃんとあるのでございます。」 大佐「オヤジ、何が言いたい?」 執事。「つまり・・・。暗殺者は、己が命に懸けても 任務を遂行する。それが勤めでございます。 グレがやられる間際に『叫ぶ』ですと? そんな事はするはずが無いのでございます。 そのような事をしたら、周りの人間が捜査に気付きますからな。」 グレとは何気に一番付き合いが長い執事。 なかなかやります。 大佐「では、何故、グレは叫んだ? それに・・・通信は途絶えたぞ。」 執事。「そうですなぁ・・・彼がワープを すれば、磁場が乱れ、通信が途絶える事は説明がつく。」 大佐「・・・!!」 執事。「従って、彼は相手に『自分がやられた』と 錯覚させる為に叫んだ・・・ のでは無いでしょうかな?、ふぉおおふぉ!」 パプリカ「そーいえば、グレを倒そうとした ひとって、だれなの???」 大佐「エネーリアというガンナー。 一般人だが・・・。」 執事。「おお、会長でございましたか!」 おっさん、どういうことだ A・藍「会長・・・???」 執事。「ええ、私とエネーリア殿、それに 複数の信者と共に、 『ニンジン愛好崇拝団体』という宗教団体を……」 この写真はあくまでもイメージです。 否、イメージにも及びません。 執事。「彼女がニンジンを食用に? そんなことはございませんって、ぬおっほっほ(笑) 保護したニンジンがかなり多くなりましてな 私が可愛そうに思い、引き取っていたのですよ。 いや〜かわぃいですなぁ!」 A・藍「・・・・・。 ではつまり、 昨今のニンジンの増殖は・・・。」 大佐「貴 様 が 原 因 か !」 大佐、かっかしないの。 グレ「さて、運よく海岸に打ち上げられたが・・・ ここはどこだ・・・・。 そうだ、大佐に連絡をしよう。」 その頃グレは、どっかにいました。 グレ「えーと、周波数は・・・・なんだったかな。」 『プルルル、プルルル!』 大佐にコールするグレ。 うぃい〜〜〜ん ライ「黄彩、頼む!金を貸してくれ!!」 グレ「!?」 お客さん、周波数間違ってるよ。 またまた他サイトの人です。ごめんなさい。


■前へ ■次へ
(C)2006 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc., このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。 なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。


inserted by FC2 system