■前へ ■次へ

日記第2回

日記第2回目はセカンドキャラクター「執事。」が主人公。 語尾についている「。」の意味は特にありません。 『モーニング娘。』みたいな(謎) 「第一印象って何年たってもなかなか消えないものなんですよ?ええ本当です」 ごめん執事 数ヶ月前。〜パプリカとの出会い〜 「よいではないかぁ、よいではないかぁ〜〜」 「あれぇえ〜〜〜え、よしてぇん。どなたかぁ〜〜〜〜」 ある街道でズッコケ3人組に襲われている一匹のマンドラニンジン! そこに通りかかったのは変態の、もとい、さすらいのサムライ、執事。 「やめるんだ!」 「げ、アンパンマンだれだ、貴様は!?」 「オー、サムライ!!ジャパニーズサムライ!!(誰)」 死闘の末に勝利をつかんだ執事。見事マンドラニンジンの救出に成功した。 回復の魔法で救助したマンドラニンジンを癒す執事。 「執事様はどうしてドミニオンなのにウァテスなんですかぁ?」 そりゃあ、他人に恩を売っておいて 見返りをがっぽりもらうためさ! え、むぅ、そうですなぁ、昔……うん、あれだ、あのぉ〜 ちっちゃいころおいしゃさんに びょーきをなおしてもらったから、 おいしゃさんになろうと おもったんだよ(しつじ、当時9さい)」 その後、意気投合した執事とマンドラニンジンが、ふらついていると。 「そうだ、君に名前をつけてあげましょう!」 「な、なまえ!?いいのぉ!?」 「ああ、新しく実装された『無地のトイレットペーパー』を 使えば、可能です。」 「そ、そんな名前だったかなぁ…?まあいいや!」 そう言うと、執事はニンジンを援護しつつ、アイテム「無地のネームプレート」 を、購入するためにイストー岬に向かう。

もとい

こんなアイテム アイテムを購入すると名前を考え始める執事。 「名前…ですか。」 執事は昔、友人がマンドラニンジンを見て、パプリカのようだといっていたことを思い出した。 そういえばこの子は赤みが強い ような気がする(ぇ よし決まった 「マンドラニンジン……贅沢な名前ねぇ!」 「あぁんたの名前は 今日から…!」 「パプリカわよぉ! 分かったわね!?パプリカ!」 はぁ!?ざけんなジジイ!! は、はい!」 どうやらパプリカも気に入ったようだ。
■前へ ■次へ
(C)2006 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc., このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。 なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。 inserted by FC2 system